貸会議室を利用してコスト削減

subpage01

企業では、社内会議から株主総会、社内研修、採用活動のセミナーや面接、社内行事の祝賀パーティーなど一時的に広いスペースが必要になるときがあります。
そのときには、事前にマイクやモニターなどの音響設備や机や椅子などの備品が用意されていて、時間ごとに借りることができる会議室のレンタル利用がおすすめです。

人気のあるティーサーバーの正しい情報はこちらです。

ホテルよりも空き室を利用したオフィスビルの貸会議室の方が値段も安く、維持費もいりませんのでコストを削減することができます。
また、貸会議室があるビルは、交通の便がよい駅から近い場所や都市にあるため、全国規模の採用活動やセミナーを行うときにとても便利です。
貸会議室といっても、その種類はさまざまで少人数の会議向けのものから、数百人収納できる大規模なものまであります。用途に応じて、貸会議室を選ぶことができるのもメリットです。



賃貸料は、ビルごとに違いますが、だいたい時間制で借りられるところが多く、1時間数千円が相場となっています。
利用する会社は、自社で広い会場を用意できない中小企業がメインですが、最近は個人情報の漏えいや産業スパイなどを恐れて、採用活動などの外部の人間と接触するイベントに関しては、外部の会議室を利用する大企業も増えています。

企業だけでなく、個人で借りることもでき、地域の集会や個人のサークル活動、親族の集まりなどで利用する人も増えています。



ビル側にとっても、テナントを募集するよりも貸会議室の方が収益が上がりやすいというメリットがあります。会社では、会議以外に研修や採用活動に関する説明会やセミナー、採用試験会場として広いスペースが必要となることがあります。


大企業であれば、用途に合わせた会議室を用意することもできますが、中小企業にはそこまでの余裕がありません。
そのようなときには、貸会議室の利用がおすすめです。


現在、オフィスビルの空き室対策として、貸会議室の提供を行うビルが増えているため、音響設備が整った会議室などを借りることができます。

自社でマイクなどの音響設備を一から揃えるよりもすでに整っている外部の部屋を時間制で借りる方が経費も節約することができます。



新卒向けの採用活動のときには、各地方都市に貸し会議室でセミナーや採用試験を行うことができます。


貸会議室は、名古屋や大阪などの地方都市にも増えてきています。

賃貸料もビルによって多少違いますが、だいたい1時間ごとに数千円程度で借りることができます。

会社によっては、入社式や謝恩会、株主総会などで利用するところもあります。


最近は、企業だけでなく個人の趣味関連のサークル活動やカルチャースクールの場として借りられることも多いです。



婚活で有名なお見合いパーティーの会場として利用されることもあります。



自社で会議室を用意できる大企業でも、社内に外部の人間を入れるとセキュリティー管理の点から敬遠されているなどの事情もあり、貸会議室を利用することも増えています。



貸会議室によっては、軽食などを提供してくれるサービスがついているところもあり、パーティーなどにも利用しやすいです。



関連リンク

subpage02














貸会議室の利用の仕方

最近、高層ビルでは空き室を貸会議室として提供することが増えてきています。全国でみると1万件以上の貸会議室が存在しているといわれています。...

NEXT
subpage03














いろいろ使える貸会議室

最近の貸会議室は会議だけではなく、様々な用途に使うことが出来るのが特徴です。最近の貸会議室は単にその場で会議をするといったことだではなく、ネット接続されていていろいろな拠点とのテレビ会議にも出来たりするといったことも出来るところもあります。...

NEXT